送料

ご注文後、お問い合わせ後にメールが届かないお客様へ

代行発送

pdf

電話番号

cnポイント

下請け大歓迎

2018年 11月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
今日
祝日

土日休業

シザースコーポレーションオフシャルサイト

サプライヤー様募集

 
オフィスデータや色々なソフトからPDF作成
cubepdf

当社推薦無料PDF作成・変換ソフト

動作環境
対応OS:Windows 7 以降
※(32bit/64bit)
Microsoft .NET Framework 3.5 以上 が必要となります。

PDF変換の流れ

PDFの特徴

  1. 書体フォント、画像などの情報が含まれているためパソコン環境が違っても同じ見た目で閲覧ができる
  2. デザイン専用ファイルと比べ、容量が小さく扱いが簡単
  3. AdobeReaderがあれば、パソコン環境に左右されずに閲覧可能
  4. WEBで公開ができる

PDFファイルはフォントを埋め込むことができますので、使用したフォントが入っていないパソコンでも同じように表示できるようになります。そのためパソコンの環境の違いにより表示結果が左右されないようになります。
また、ファイルが自動的に圧縮されることにより、データサイズも小さくなり、取り扱いがスムーズになりました。

印刷に適していないPDFの種類

○WEB用(PCで閲覧用)に作られた、ファイルサイズが小さい(軽い)、画像解像度の低いPDF

このまま印刷しても、ガタガタとした仕上がりになってしまい、文字などは読めません。
印刷に適した解像度300dpiに対し、74dpi程度となります。
(弊社では印刷の可否のみのチェックとなりますので画質チェックは行いません)

フォントが埋め込まれていないPDF

閲覧するパソコンにより文字が化けてしまいます。フォントを埋め込んだPDFの作成をお願いします。

線が細いデザインがされたPDF

画面上では見えてしまいますが、印刷時には表現できない細すぎるもしくは、「ない」とされる線です。
0.1mmよりも細い線幅は、使用しないようにして下さい。

お見積り、ご不明な点はお気軽にご相談下さい。 無料サンプル請求・お問い合わせはこちら お見積りのご相談はこちら

ページ上部へ